▲トップページに戻る

学校長挨拶


平成29年度  校長 石田 耕一
 
 本校は大宮台地上に位置し、東にはかつてホタルが乱舞した見沼田んぼ、西には老杉茂る氷川の森が広がっています。通学区域は、大宮の商業地域の東側に広がる住宅街と見沼田んぼを越えた台地上の住宅街からなり、見沼の斜面林などの自然環境とともに、市立図書館、同博物館、県営大宮公園、同大宮第二・第三公園、サッカースタジアム等の公共・文化施設にも恵まれています。

 本校は昭和28年の開校以来、保護者の皆様、地域の皆様のあたたかい御支援をいただきながら教育活動を進め、文部科学省指定による「体力づくり推進」、「体験学習推進」、「確かな学力育成」に係る諸研究のほか、県教委や市教委の委嘱による「交通安全教育」、「同和教育」、「道徳」、「環境教育」、「国語科教育」、「体力向上」、「理数教育」など、多岐にわたる分野で研究・実践を積み重ねてきました。このように研究・実践に取り組むことにより、児童、保護者、地域の願いに即した校風を築き、さいたま市が掲げる「知・徳・体・コミュニケーションのバランスの取れた児童の育成」の達成を図りたいと考えております。

 今後も、学校教育目標「広い視野と豊かな心をもち、夢を抱いて自ら学び、友だちとともにたくましく生きる児童の育成」と、目指す学校像(「きれいな学校」「子どもたちが安心して通える学校」「子どもたちにねらいとする力を付ける学校」「大好きな先生のいる学校」)の具現化に向けて、いじめの防止・早期発見と解決、学習活動における事故防止、分かる授業・自己有用感が感じられる活動の実施、子どもに対する誠実で丁寧な対応、子どもの話をよく聞き、共感できる姿勢を柱に据えて、日々の教育活動を計画的・組織的に進めてまいります。